ノースフェイス ホットショットはダサい?機能性とデザイン性を兼ね備えた女子にもおすすめバックパック

 

ノースフェイス ホットショットはダサい?機能性とデザイン性を兼ね備えた女子にもおすすめバックパック

azuma
記事内に商品プロモーションを含む場合があります

ノースフェイス ホットショットは、その機能性とデザイン性の高さから、アウトドア愛好家から日常使いを求める人々まで、幅広いユーザーに支持されています。

その大容量とスポーティーなデザインは、アウトドア活動やカジュアルな日常生活に適していると感じる人々にとって魅力的です。

また、そのシンプルでありながらもスタイリッシュなデザインは、男性でも女性でも違和感なく使用できるユニセックスなデザインとなっています。

あずにゃん
あずにゃん

ノースフェイス ホットショットがダサいと言う口コミもあるのでその辺りも後ほど解説します。

この記事では、ノースフェイス ホットショットの特徴や魅力、そしておしゃれなコーディネート例などを詳しく解説します。

この記事のポイント

ホットショットの特徴的なデザインと豊富なカラーバリエーション

ホットショットの機能性と収納力、特にPCやタブレットの収納に適した設計

ホットショットの快適な装着感と頑丈さ

ホットショットの使用感やスタイリング例、特に女性向けのコーディネート例

合わせて読みたい
【2024最新】ノースフェイスのバックパック・リュックおすすめ10選!
【2024最新】ノースフェイスのバックパック・リュックおすすめ10選!

【2023最新】ノースフェイスのバックパック・リュックおすすめ10選!

スポンサーリンク

ノースフェイス ホットショットの魅力と評価

出典:https://www.rakuten.co.jp/

ノースフェイス ホットショットは、その機能性とデザイン性から多くの人々に愛されています。

しかし、その魅力は一言で語ることはできません。

それでは、具体的にその魅力と評価について見ていきましょう。

ホットショットの基本情報

ホットショットの機能性と収納力

ホットショットのデザインと色彩

ホットショットのサイズ感

ホットショットの使い方と注意点

ノースフェイス ホットショットの評価と口コミ

ホットショットのオールブラックの魅力

ホットショットの基本情報

ホットショットの基本情報

ノースフェイス ホットショットは、アウトドアブランドノースフェイスから発売されているバックパックの一つです。

その価格は19,800円(税込)(2023年7月18日現在)で、Amazonなどのオンラインショッピングサイトで購入することが可能です。

このバックパックは、その機能性とデザイン性から幅広いユーザーに支持されています。

その容量は26リットルで、A4サイズの書類や15インチのラップトップ、その他の貴重品など、1日に必要なアイテムをすべて収納することが可能です。

特徴的な機能

ホットショットは、その機能性の高さから多くのユーザーに支持されています。

その中でも特に注目すべきは、収納スペースの機能性です。メインコンパートメントは大きく2つあり、どちらにもバランス良く収納できるようになっています。

背中側のコンパートメントは、クッション性のあるネオプレン素材を採用し、PCやタブレットの収納に最適です。

ホットショット クラシックでは、15インチまでのPCを収納することができます。

外側のコンパートメントは小物収納に適したオーガナイザーを装備。

ペンやメモ帳といった細々したアイテムをスッキリ収納したいときに便利です。

リュック外部のフロントにはデイジーチェーンを配し、カラビナを使ってホイッスルやテールライトを装着することも可能です。

サイドにはボトル用のポケットも設けられており、アウトドアシーンでも嬉しい機能が満載です。

快適な装着感

ホットショットは、その快適な装着感からも多くのユーザーに支持されています。

特徴的なのは、独自のスパインチャンネル構造を取り入れたバックパネル。

背骨との間に隙間を設けているので、背負ったときの負担感が軽減され、1日分の荷物の持ち歩きも安心です。

また、通気性の良いエアメッシュ素材と立体構造のおかげで、熱がこもりやすい背中部分も快適にしてくれます。

装着感の高いウエストベルトは、必要に応じて収納可能です。

頑丈さ

ホットショットは、その頑丈さからも多くのユーザーに支持されています。

パーツによってナイロンとポリエステルが使われており、ガシガシ使っても大丈夫なタフな作りが魅力となっています。

ナイロンは引っ張りや摩擦にも強く、ハードな使用にも耐えられる強度が自慢です。

ポリエステルは耐摩耗性に優れており、長時間外気に触れていても劣化しない頑丈さが特徴です。

摩耗しやすいボトム部分には、1,680デニールのバックセイバーボトムを採用しており、長く使えるところもポイントです。

カラーバリエーション

ホットショットは、その豊富なカラーバリエーションからも多くのユーザーに支持されています。

そのラインナップは、シンプルな無地のブラックから自然をモチーフにしたカモフラージュ柄までさまざまです。

中にはデイジーチェーンをアクセントカラーで仕上げたデザインもあるので、要チェックです。

ホットショットの機能性と収納力

ホットショットの機能性と収納力

ノースフェイス ホットショットの魅力は、その機能性と収納力にあります。

このバックパックは、2つのメインコンパートメントを備えており、どちらにもバランス良く収納できるように設計されています。

背中側のコンパートメントは、衝撃吸収性に優れたネオプレン素材を採用しています。

これにより、PCやタブレットなどの電子機器を安全に収納できます。

特に、ホットショット クラシックでは、最大15インチまでのPCを収納することが可能です。

一方、外側のコンパートメントは小物収納に適したオーガナイザーを装備しています。

ペンやメモ帳といった細々したアイテムをスッキリと収納することができます。

さらに、リュックの外部にはデイジーチェーンが配されており、カラビナを使ってホイッスルやテールライトを装着することも可能です。

サイドにはボトル用のポケットも設けられており、アウトドアシーンでも活躍する機能が満載です。

また、ホットショットは充実の収納力を誇りますが、長時間背負っても疲れにくいコンフォートな作りとなっています。

特徴的なのは、独自の「スパインチャンネル構造」を取り入れたバックパネルです。

背骨との間に隙間を設けているため、背負ったときの負担感が軽減され、1日分の荷物の持ち歩きも安心です。

以上のように、ノースフェイス ホットショットは、機能性と収納力を兼ね備えたバックパックです。

アウトドアから日常使いまで、幅広いシーンでその性能を発揮します。

ホットショットのデザインと色彩

ノースフェイス ホットショットは、シンプルでありながらもスタイリッシュなデザインが特徴です。

そのデザインは、男性でも女性でも違和感なく使用できるユニセックスなデザインとなっています。

また、色彩についても豊富なバリエーションがあり、自分の好みや用途に合わせて選ぶことができます。

ホットショットのサイズ感

ノースフェイス ホットショットのサイズ感は、その使いやすさと快適さの一因となっています。

このバックパックは、そのデザインが体の形状になだらかに沿うように設計されているため、身長や体型に関わらず、違和感なく背負うことができます。

これは、身長178cmの男性が背負った場合でも、身長147cmの女性が背負った場合でも同様です。

具体的には、身長178cmの男性がホットショットを背負ったとき、幅広のショルダーハーネスが安定感を提供し、頼りなさを感じさせません。

また、身長166cmの男性が背負った場合でも、背中へのフィット感があり、リュックの長さが長すぎず、アクティブなシーンでも使いやすさが伺えます。

さらに、身長147cmの女性が背負った場合でも「リュックが大きすぎる!」ということはなく、違和感なくフィットします。

ショルダーベルトも肩幅から大きくはみ出すことなく、安定感があります。

このように、ノースフェイス ホットショットは、そのサイズ感とフィット感により、幅広いユーザーに対応しています。

これにより、ユーザーは自分の体型や身長に関わらず、快適に使用することができます。

これは、ノースフェイス ホットショットが多くの人々に愛される理由の一つであり、その魅力の一部を形成しています。

ホットショットの使い方と注意点

ノースフェイス ホットショットの使い方については、特に難しいことはありません。

ただし、ダサく見えてしまう組み合わせや注意点も存在します。

例えば、ビジネスシーンでは黒一択な感じがします。

また、派手な色もあるので、シーンに合う色をチョイスできるといいです。

ノースフェイス ホットショットの評価と口コミ

ノースフェイス ホットショットの評価と口コミ

ノースフェイス ホットショットは、その機能性とデザイン性から多くのユーザーに評価されています。

アンケート結果によると「全くダサくない」と評価するユーザーが最も多く、その理由としては、その機能性とデザイン性が挙げられています。

一部のユーザーからは、

男性
男性

都会住まいで、渋谷や銀座、青山のタウンユースでものを見るのでこれはいただけない。使うシーンがない。もちろんものは間違いないでしょうが…(40代男性)

といった声もありますが、これは主にアウトドアテイストが強いため、普段使いには向かないと感じるユーザーからの意見です。

一方、

女性
女性

大きめのリュックなので仕事や学校にも使えるのがいいと思った。形も少し丸みを帯びているところがオシャレ」(20代女性)

女性
女性

アウトドアとして使える丈夫なリュックサックです。また、収納量もあるので学生のカバンとして利用されており、普通のデザインかなと思います」(40代女性)

といった声もあり、その使いやすさとデザイン性が評価されています。

女性
女性

ノースフェイスのホットショットはダサいとは思いませんが、完全にカジュアル、アウトドア向きの商品であると思います」(30代女性)

男性
男性

ザノースフェースのバックパックの代表みたいなデイバッグです。収納も多く、カラーバリエーションも多いので、とてもかっこいいと思います(40代男性)

といった声もあり、その機能性とデザイン性が評価されています。

以上の口コミからもわかるように、ノースフェイス ホットショットは、その機能性とデザイン性から多くのユーザーに愛されています。

ホットショットのオールブラックの魅力

ノースフェイス ホットショットのオールブラックモデルは、その洗練されたデザインと汎用性から特に人気が高いです。

そのシンプルながらもクールな外観は、どんな服装にも適応しやすく、そのため多くの人々から支持を受けています。

このオールブラックモデルは、モノトーンのコーディネートに絶妙にマッチし、そのまとまりのあるスタイルは非常におしゃれと評価されています。

また、その背面はパッド付きで、長時間の使用でも背中が痛くならないという特徴があります。

さらに、エアメッシュ生地によって通気性が良く、蒸れにくいのも魅力的なポイントです。

車両からの視認性を高めるリフレクターライトループも付属しており、安全性も保証されています。

その他にも、ホットショットのオールブラックモデルは、その耐久性と機能性からアウトドアシーンでも活躍します。

そのため、アウトドア愛好家からも高い評価を受けています。

これらの特徴から、ノースフェイス ホットショットのオールブラックモデルは、そのシンプルさと機能性から多くの人々に愛されているのです。

ノースフェイス ホットショットのバリエーションとコーディネート

ノースフェイス ホットショットのバリエーションとコーディネート

ノースフェイス ホットショットは、その豊富なバリエーションとコーディネートの自由度が魅力です。

それでは、その具体的なバリエーションとコーディネートについて見ていきましょう。

ノースフェイスのホットショットとクラシックとの違い

ノースフェイス ホットショット新作の特徴

ホットショット限定カラーの魅力

ホットショットの女子向けのスタイリング

ノースフェイス ホットショットがダサいと感じる理由

ノースフェイス ホットショットのおしゃれなコーディネート例

ノースフェイス ホットショットの容量と収納例

ノースフェイスのホットショットとクラシックとの違い

ノースフェイス ホットショットとノースフェイスのホットショットとクラシックの間には、容量や特徴的な機能においていくつかの違いが存在します。

ホットショットは27リットルの容量を持ち、クラシックは25リットルとなっています。

これはホットショットがより大きな荷物を持ち運ぶことができるという利点を示しています。

また、ホットショットにはノートパソコン用のスリーブがありますが、クラシックにはありません。

これはホットショットがビジネスシーンや学生生活において、ノートパソコンを安全に運ぶための機能を提供していることを示しています。

さらに、ホットショットにはフリース製のポケットがありますが、クラシックにはありません。

これはホットショットがデリケートなアイテムや寒冷な環境での使用を考慮した設計を持っていることを示しています。

なお、ノースフェイスの最新ラインナップでは、クラシックは無くなっており、期間限定で販売されていたようです。

そのため、現在ではホットショットのみが主流となっています。

ノースフェイス ホットショット新作の特徴

ノースフェイス ホットショットの新作は、既存のモデルの良さを引き継ぎつつ、さらに進化した機能性とデザイン性を持っています。

新作では、より快適な背負い心地を追求するための新たな技術が導入されています。

具体的には、独自の「スパインチャンネル構造」を取り入れたバックパネルが特徴で、背骨との間に隙間を設けているため、背負ったときの負担感が軽減されます。

これにより、1日分の荷物の持ち歩きも安心です。また、通気性の良いエアメッシュ素材と立体構造のおかげで、熱がこもりやすい背中部分も快適にしてくれます。

装着感の高いウエストベルトは、必要に応じて収納可能です。

これらの機能性の向上により、新作ホットショットはさらに使いやすさを追求しています。

ホットショット限定カラーの魅力

ノースフェイス ホットショットの限定カラーは、その希少性と独特な色合いが魅力となっています。

これらの限定カラーは、一般的なカラーバリエーションにはない、個性的な色彩とデザインが特徴で、所有者には自分だけの特別なバックパックを持つ喜びを提供します。

また、ホットショットの限定カラーは、ファッションのアクセントとしても活用でき、コーディネートに一層の個性を加えることが可能です。

これらの特性から、限定カラーは非常に人気が高く、所有者のステータスシンボルともなっています。

ホットショットの女子向けのスタイリング

ホットショットの女子向けのスタイリング

引用元:WEAR

ノースフェイス ホットショットはそのユニセックスなデザインから男女問わず愛用されていますが、特に女性におすすめなのがパステルカラーモデルです。

これらのモデルは、女性らしい優雅さと柔らかさを引き立て、全体のコーディネートに絶妙なアクセントを加えます。

例えば、ローズのマウンテンパーカーと組み合わせたコーディネートでは、シックなブラックのホットショットがローズのアウターを引き立て、大人可愛いスタイルを演出します。

また、ネイビーベースのコーディネートには、同じくブルーのホットショットが最適で、デイリーウェアを一段とおしゃれにランクアップします。

これらのスタイリングは、アウトドアシーンからタウンユースまで、どのシーンでも活躍します。

ノースフェイス ホットショットがダサいと感じる理由

ノースフェイス ホットショットをダサいと感じる理由とは、その大きさやデザインが自分のスタイルに合わないと感じる人々がいるからです。

都会的なスタイルを好む人々や、アウトドアテイストが強いと感じる人々は、このバックパックが自分の日常的なスタイルに合わないと感じるかもしれません。

しかし、これは個々の感じ方であり、多くの人々からはその機能性とデザイン性が評価されています。

特に、その大容量とスポーティーなデザインは、アウトドア活動やカジュアルな日常生活に適していると感じる人々にとって魅力的です。

ノースフェイス ホットショットのおしゃれなコーディネート例

ノースフェイス ホットショットのおしゃれなコーディネート例

ノースフェイス ホットショットは、その汎用性とシンプルなデザインから、多様なコーディネートにマッチします。

例えば、メンズのアウトドアコーディネートでは、グリーンのマウンテンパーカーとカラー定番のブラックのホットショットを組み合わせることで、一体感のあるスタイリングが実現します。

タウンユースでは、ブラックのホットショットを取り入れたコーディネートがおすすめ。

白いソックスとリンクさせることで、その存在感がさらに引き立ちます。

レディースのアウトドアコーディネートでは、ローズのマウンテンパーカーとブラックのホットショットの組み合わせが大人可愛い印象を与えます。

一方、タウンユースでは、ネイビーをベースに、ブラックとグレーを配色したコーディネートに、同じくブルーのホットショットがベストマッチします。

これらの例からもわかるように、ノースフェイス ホットショットは、そのシンプルさと機能性から、あらゆるシーンとスタイリングに対応可能なバックパックです。

ノースフェイス ホットショットの容量と収納例

ノースフェイス ホットショットの収納力はそのコンパクトな見た目からは想像できないほど豊富で、その容量は約27リットルとなっています。

この容量は日常使いから旅行まで幅広く対応することが可能で、特にノートパソコン用のスリーブが備えられているため、ビジネスシーンでも大いに活躍します。

また、外側のコンパートメントは小物収納に適したオーガナイザーを装備しており、ペンやメモ帳といった細々したアイテムをスッキリと収納することができます。

さらに、リュック外部のフロントにはデイジーチェーンを配し、カラビナを使ってホイッスルやテールライトを装着することも可能です。

サイドにはボトル用のポケットも設けられており、アウトドアシーンでもその機能性が光ります。

ノースフェイス ホットショットの魅力と評価とコーディネートまとめ

以下のポイントをまとめました。

あずにゃん
あずにゃん

ノースフェイス ホットショットのポイントをまとめました。

ノースフェイス ホットショットは幅広いユーザーに対応するサイズ感とフィット感を持つ

ビジネスシーンでは黒色のホットショットが適している

ユーザーの評価は「全くダサくない」が最も多い

ホットショットの価格は19,800円(税込)(2023年7月18日現在)

容量は26リットルで、A4サイズの書類や15インチのラップトップなどを収納可能

メインコンパートメントは大きく2つあり、バランス良く収納できる

限定カラーは希少性と独特な色合いが魅力

ユニセックスなデザインで、特に女性におすすめなのがパステルカラーモデル

ホットショットの新作では、快適な背負い心地を追求する新技術が導入されている

ホットショットの収納力はコンパクトな見た目からは想像できないほど豊富で、容量は約27リットル

ノートパソコン用のスリーブが備えられており、ビジネスシーンでも活躍

外側のコンパートメントは小物収納に適したオーガナイザーを装備している

合わせて読みたい
ノースフェイスビッグショットの旧型と新作の違いを徹底解説!他モデルとの比較も紹介
ノースフェイスビッグショットの旧型と新作の違いを徹底解説!他モデルとの比較も紹介
合わせて読みたい
ノースフェイスヒューズボックス偽物の見極め方と賢い選び方
ノースフェイスヒューズボックス偽物の見極め方と賢い選び方
合わせて読みたい
シャトルデイパックがダサいと感じる理由と評価・評判は?
シャトルデイパックがダサいと感じる理由と評価・評判は?
合わせて読みたい
ノースフェイスのウエストバッグおすすめ4選!男女問わず人気のコーデと評判
ノースフェイスのウエストバッグおすすめ4選!男女問わず人気のコーデと評判
合わせて読みたい
【2024最新】ノースフェイスマウンテンパーカーおすすめ10選!メンズの人気モデル・コーデを紹介
【2024最新】ノースフェイスマウンテンパーカーおすすめ10選!メンズの人気モデル・コーデを紹介
合わせて読みたい
【2024最新】ノースフェイスダウン人気モデル15選|評価とおすすめランキング!
【2024最新】ノースフェイスダウン人気モデル15選|評価とおすすめランキング!
合わせて読みたい
夏に絶対欲しいノースフェイスTシャツおすすめランキング!【2024夏最新】
夏に絶対欲しいノースフェイスTシャツおすすめランキング!【2024夏最新】
合わせて読みたい
【2024最新】ミステリーランチバッグおすすめ10選!間違いない定番一押しアイテム
【2024最新】ミステリーランチバッグおすすめ10選!間違いない定番一押しアイテム
にほんブログ村 ファッションブログへ
SHARE
あずにゃん
あずにゃん
ブロガー/元アパレルバイヤー
元アパレルバイヤーのあずにゃんです。
アパレル歴20年以上のベテランです。
自信のアパレル経験を元におすすめの洋服やファッションアイテム・サービスを紹介しています。
ぜひ参考にしてみてくださいね。
お仕事のご依頼・お問い合わせは、お問い合わせホームまで。
記事URLをコピーしました