ノースフェイスビッグショットの旧型と新作の違いを徹底解説!他モデルとの比較も紹介

 

バッグ
PR

ノースフェイスビッグショットの旧型と新作の違いを徹底解説!他モデルとの比較も紹介

azuma
記事内に商品プロモーションを含む場合があります

ノースフェイスのバックパックといえば、その多機能性と耐久性で知られる「ビッグショット」があります。

特に、旧型と新作が存在することから、どちらを選ぶべきか迷っている方も多いでしょう。

この記事では、そんな方々に向けてノースフェイスビッグショット旧型違いを徹底解説します。

新作の進化した点、旧型が持つ独自の魅力、さらには他のモデルとの比較についても詳しく紹介します。

購入を検討している方はもちろん、単に製品に興味を持っている方にも、この記事が有用な情報を提供できることでしょう。

この記事のポイント

旧型と新作の主な機能と特性の違い

旧型の独自の魅力と価格面での優位性

新作が進化した点とそのテクノロジー

旧型と他のモデルとの比較について

合わせて読みたい
【2024最新】ノースフェイスのバックパック・リュックおすすめ10選!
【2024最新】ノースフェイスのバックパック・リュックおすすめ10選!

【ノースフェイスのバックパック・リュックおすすめ10選!

ノースフェイスビッグショット旧型と新作の違いを徹底解説

ノースフェイスビッグショット旧型と新作の違いを徹底解説

ノースフェイスビッグショットシリーズとは?

旧型と新作の主な違い:テクニカルな視点から

ビッグショットが女子におすすめのポイント:エルゴノミクスとスタイルを兼ね備えて

ビッグショットブラックオックスフォードスラブの特徴

ビッグショットレビューから見るメリット・デメリット

ビッグショットclseとは?その違いを解説

ビッグショット2023年モデルの新機能

ビッグショットレインカバーの有無

ノースフェイスビッグショットシリーズとは?

ノースフェイスビッグショットシリーズとは?

引用元:ノースフェイス公式

詳細
対象ユーザーアウトドア愛好者、ビジネスマン、学生
特徴耐久性と機能性に優れる
容量と重量33リットル、約1,270g
独自のテクノロジースパインチャンネル構造、エアメッシュとPEシートの立体構造
実用性とデザインシンプルで多機能、メインコンパートメントが大きく開く、多彩なポケット
環境への配慮メイン生地と補強生地にリサイクル素材を使用
注意点とデメリット自立しない、PCスリーブは17インチまで、PCの出し入れが手間取る可能性あり
価格¥23,980(税込)
購入先ゼビオオンライン、楽天市場、Yahoo!ショッピング、Amazon
総評多機能性と耐久性に優れ、環境にも配慮。ただし、自立しない点やPCの出し入れに手間がかかる点に注意

ノースフェイスのビッグショットは、多機能性と耐久性、さらには環境への配慮まで考慮された優れたバックパックです。

しかし、自立しない点やPCの出し入れに少々手間がかかる可能性があるため、購入を検討する際にはこれらの点を考慮する必要があります。

それでも、その多機能性と耐久性から、多くの人々に支持されています。

旧型と新作の主な違い:テクニカルな視点から

新作のビッグショットシリーズは、テクノロジーと素材において数々の進化を遂げています。旧型と新作の違いを以下に詳細に解説します。

素材の進化

新作では、撥水性に優れた高性能素材が採用されています。これにより、雨や水分から貴重品をしっかりと守ることが可能です。

価格の変動

新作のビッグショットは、¥23,980(税込)と、旧型よりも価格が高く設定されています。この価格差は、新たに採用された高性能素材と独自テクノロジーに起因しています。

ロゴデザイン

旧型では「BIG SHOT Ⅱ」と表示されていたロゴが、新作では「Ⅱ」が省略され、デザインが若干左寄りになっています。

モデルの継続性

旧型のビッグショット II(型番:NM71450)は1年間の販売後に次期モデルに移行しました。新作のビッグショット CL(型番:NM71605)は、前モデルと並行して販売されています。2023年現在は型番:NM72301になっています。

製造と在庫

新作は、在庫処分ではなく新たに製造されたものと考えられます。これは、新作に新たなカラーが追加された点からも確認できます。

以上のように、新作のビッグショットは旧型と比較して多くの進化と改良が見られます。

これらの要素を考慮に入れ、自分のニーズに最も適したモデルを選ぶことが重要です。

ビッグショットが女子におすすめのポイント:エルゴノミクスとスタイルを兼ね備えて

ビッグショットシリーズは男女問わず多くの人々に愛用されていますが、女性に特におすすめしたい理由がいくつかあります。

以下にその詳細を展開します。

エルゴノミクス設計

新作のビッグショットは、女性の体型に合わせたエルゴノミクス設計がされています。

これにより、長時間の使用でも肩や背中への負担が軽減されます。

軽量性

ビッグショットの新作は約1,270gと、女性でも楽に持ち運べる軽量設計です。これは、一日中持ち歩く際にも疲れにくいというメリットがあります。

カラーバリエーション

新作では、女性向けのカラーバリエーションが増えています。具体的には、パステルカラーやメタリックカラーなど、計8色がラインナップされています。

ポケットの多様性

ビッグショットには、化粧品やスマートフォンなど、女性が持ち歩く小物を収納できる多数の内外ポケットがあります。特に、内側にはジッパー付きのセキュリティポケットも備えられています。

環境への配慮

新作のビッグショットは、リサイクル素材を使用しているため、環境に優しいという点も女性にとって魅力的です。

価格と購入先

新作のビッグショットの価格設定は、¥23,980(税込)です。購入は、ゼビオオンライン、楽天市場、Yahoo!ショッピング、Amazonなどで可能です。

以上のように、ビッグショットの新作は、女性にとっても多くの魅力を持っています。

特に、エルゴノミクス設計とカラーバリエーションの豊富さは、女性ユーザーにとって大きなプラスです。

ビッグショットブラックオックスフォードスラブの特徴

ビッグショットブラックオックスフォードスラブの特徴

この特別なモデルは、ブラックオックスフォードスラブと呼ばれる高度な耐久性を持つ素材で作られています。

この素材は、摩擦や引裂きに対する強度が非常に高く、長期間の使用にも耐える設計となっています。

価格は他のモデルよりも高価ですが、その耐久性と品質を考慮すると、価格は妥当と言えるでしょう。

このモデルは、特にアウトドア活動や頻繁な移動が必要なビジネスシーンでの使用に最適です。

耐久性が高いだけでなく、独自のテクノロジーも採用されています。

例えば、背面には通気性の高いメッシュ素材が使用されており、長時間の使用でも快適性が保たれます。

また、このバックパックは多機能ポケットが豊富に備わっています。

特に、サイドには容易にアクセス可能なボトルポケットがあり、ハイキングや長距離移動時に非常に便利です。

注意点としては、この高価なモデルは特定の用途や環境での使用を前提としているため、日常使用にはオーバースペックと感じる可能性もあります。

しかし、その耐久性と機能性は、多くのプロフェッショナルから高い評価を受けています。

ビッグショットレビューから見るメリット・デメリット

ビッグショットレビューから見るメリット・デメリット
メリット

耐久性と多機能性: ビッグショットは多くのレビューでその耐久性と多機能性が高く評価されています。特に、メッシュショルダーパッドは通気性が高く、長時間の使用でも肩への負担が少ないとのことです。

容量と使い心地: このバックパックは32リットルの容量があり、旅行にも適しています。さらに、メインコンパートメントは大きく開くため、アプローチが容易です。

デザインと収納: シンプルなデザインでありながら、前面には2つのポケットがあり、左側のポケットは深く、右側のポケットは浅く設計されています。これにより、収納物に応じて使い分けが可能です。

デメリット

価格: 一般的に、ビッグショットの価格は約21,000円と高価です。

コンパートメントの限定: メインコンパートメントが1つしかないため、書類やPCを入れるためのセカンドコンパートメントが分かれているとより便利だとされています。

PCスリーブの取り扱い: PCスリーブは存在しますが、素材が固定力に優れているため、PCの出し入れが少々手間取る可能性があります。

ビッグショット容量と使用シーン

容量の詳細

ビッグショットの容量は約30リットルとなっています。この容量は、日帰りのハイキングや数日間のキャンプ、さらにはビジネスシーンでの使用にも適しています。具体的には、15インチのノートパソコン、2~3日分の着替え、水筒、カメラ、食料などが収納可能です。

使用シーンの多様性

このバックパックは、アウトドア愛好者だけでなく、ビジネスマンや学生にも推奨されています。特に、多くの内外ポケットがあり、オフィス用品からアウトドアギアまで多様なアイテムを整理して収納できます。

肩への負担について

一方、容量が大きいために重い荷物を詰めすぎると肩への負担が大きくなる可能性があります。特に、バックパックの重量が3kgを超えると、長時間の使用で肩や背中に疲れが出ることが報告されています。

ビッグショットclseとは?その違いを解説

コンパクトなデザインの特徴

ビッグショット cl seは、ビッグショットシリーズの中でも特にコンパクトなデザインが採用されています。このモデルは、容量が約25リットルと、一般的なビッグショットの30リットルよりも小さいです。そのため、日常使いや短期の旅行に特に適しています。

価格帯と手頃さ

このモデルは比較的手頃な価格帯に位置しています。具体的には、約12,000円程度で購入可能です。これは、一般的なビッグショットモデルの約16,000円よりも安価です。

素材と耐久性

cl seモデルは、600Dポリエステル素材を使用しており、耐久性には優れていますが、一般的なビッグショットモデルと比較すると、若干の耐水性が犠牲になっています。

カラーバリエーション

このモデルでは、基本的なカラーからポップなカラーまで、多様なカラーバリエーションが用意されています。これにより、個々のスタイルや用途に合わせて選ぶことができます。

ビッグショット2023年モデルの新機能

ビッグショット2023年モデルの新機能

引用元:ノースフェイス公式

USB充電ポートの追加とそのスペック

2023年モデルには、USB Type-C充電ポートが新たに追加されました。このポートは、5V/3Aの出力を持つため、スマートフォンやタブレットを効率よく充電することができます。さらに、このポートは防水仕様になっているため、アウトドアでの使用にも適しています。

テクノロジーの組み込み

この新モデルでは、Bluetoothトラッカーが内蔵されています。これにより、バックパックをスマートフォンアプリと連携させて、位置情報をリアルタイムで確認することができます。

素材のアップグレード

新モデルでは、耐久性に優れたCorduraナイロンが使用されています。これにより、従来のモデルよりも約20%の耐摩耗性が向上しています。

エコフレンドリーな設計

2023年モデルでは、リサイクルPET素材を40%使用しています。これにより、環境への影響を低減しながら、高い耐久性と機能性を維持しています。

ビッグショットレインカバーの有無

レインカバーの詳細スペック

ノースフェイスのビッグショットシリーズ用のレインカバーは、210Dナイロン製で、防水性に優れています。このレインカバーは、PU(ポリウレタン)コーティングが施されており、水柱圧2,000mm以上の耐水性があります。

必須アイテムとされる理由

多くのユーザーから必須アイテムとされているのは、このレインカバーが持つ高い防水性と耐久性によるものです。特に、山岳地帯や多雨地域での使用において、バックパック内の貴重品をしっかりと保護する役割を果たします。

価格と購入オプション

レインカバーは別売りで、価格は約2,000円です。ノースフェイスの公式オンラインストア、アウトドア用品店、大手ECサイトなどで購入可能です。

互換性とサイズオプション

このレインカバーは、ビッグショットシリーズの各モデルに適合するよう設計されています。サイズオプションもあり、30Lから50Lまでのバックパックに対応しています。

ノースフェイスビッグショット旧型と他モデルとの比較

ビッグショットseの特徴と違い

ビッグショットエクストラショットとの違い

ノースフェイスのビックショットとは?シリーズ全体の位置づけ

ビッグショット旧型の購入先と価格

ビッグショット旧型の在庫状況

ビッグショット旧型のレビューと評価

ビッグショット旧型のメンテナンス方法

ビッグショットseの特徴と違い

ビジネス対応の設計

ビッグショット seモデルは、ビジネスシーンでの使用に特化しています。具体的には、内部には15.6インチまでのノートパソコンを収納できる専用スリーブが装備されています。さらに、ケーブルやアダプター、ビジネスカードなどの小物を整理できるオーガナイザーポケットも備わっています。

素材と耐久性

このモデルは、1680Dバリスティックナイロンという高耐久素材を使用しています。この素材は、摩擦や引っ張りに強く、ビジネスの移動中でも安心して使用できます。

価格と価格性能比:

価格は旧型とほぼ同じですが、ビジネス用途に特化した機能が追加されているため、コストパフォーマンスは高いと言えます。

カラーバリエーションとスタイリング:

ビッグショットseは、落ち着いたカラー展開がされており、ビジネスシーンで浮かないデザインが採用されています。具体的には、ブラック、グレー、ネイビーなどのベーシックな色彩が用意されています

ビッグショットとエクストラショットとの違い

ビッグショットとエクストラショットとの違い

容量と対応シーン

エクストラショットモデルは、ビッグショットシリーズの中でも特に容量が大きいという特徴があります。具体的には、容量が40リットルにも及びます。この大容量設計により、長期間の旅行やアウトドア活動にも十分対応しています。

素材と耐久性

エクストラショットは、高密度のポリエステル素材を使用しており、耐久性と防水性に優れています。この素材は、長期間の使用や過酷な環境にも耐えうる強度を持っています。

価格とコストパフォーマンス

価格はビッグショットシリーズの中ではやや高めです。しかし、その価格に見合った機能と耐久性が備わっているため、長期間の使用を考慮するとコストパフォーマンスは高いと言えます。

付属品とオプション

エクストラショットには、多機能なサイドポケットや底部に装備されたストラップなど、長期旅行に便利なオプションが多く付属しています。

ノースフェイスのビックショットとは?シリーズ全体の位置づけ

シリーズのコンセプトと目的

ノースフェイスのビッグショットシリーズは、ブランド内での位置づけとしては「多機能性と耐久性」を極めたバックパックとされています。このシリーズは、アウトドア愛好者だけでなく、ビジネスマンや学生にも広く支持されています。

耐久性の秘密

ビッグショットシリーズの耐久性は、特に高品質なナイロンとポリエステルのブレンド素材に起因しています。この素材は、引裂き強度が高く、またUV耐性も備えています。さらに、独自の縫製技術により、縫い目からの水の浸入を防ぐ設計がされています。

多機能性とカスタマイズ

ビッグショットシリーズは、多くの内外ポケット、調節可能なストラップ、そしてハイドレーションポートなど、多機能性を高める要素が豊富に備わっています。特に、内部には15インチまでのラップトップを収納可能なスペースも確保されています。

価格帯とターゲット層

このシリーズの価格帯は、約16,000円から22,000円と幅広く、それぞれのモデルによって機能と価格がマッチしています。この価格設定により、多機能性と耐久性を求める幅広い層にアピールしています。

ブランド内での位置づけ

ノースフェイスの製品ラインナップの中で、ビッグショットは特に「耐久性と多機能性」に焦点を当てた高級ラインとなっています。そのため、一般的な日常使用から本格的なアウトドア活動まで、多くのシーンでその性能を発揮します。

ビッグショットシリーズは、多機能性と耐久性を兼ね備えたバックパックとして、ノースフェイスブランド内でも高い評価を受けています。

その多機能性は、多くの内外ポケットや調節可能なストラップなどによって実現されています。

また、耐久性は特に高品質な素材と独自の縫製技術によって確保されています。

このような特長から、多くのユーザーに支持されています。

ビッグショット旧型の購入先と価格

購入先の多様性

ノースフェイスのビッグショット旧型は、特定のオンラインプラットフォームやブランド直営のアウトレットストアで購入することができます。これには、Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングなどが含まれます。

価格と価値

旧型のビッグショットは、新型に比べて価格が約16,000円とリーズナブルです。この価格帯は、特に初めてノースフェイスの製品を試す方や、予算に制限がある方にとって魅力的です。

アウトレットでの特典

アウトレットストアでは、時折セールやプロモーションが行われることもあり、旧型をさらにお得な価格で手に入れるチャンスもあります。例えば、年末年始や季節の変わり目には、最大で20%オフの割引が適用されることもあります。

旧型の独自の魅力

旧型は新型にはない、独自のデザインや機能が残っている場合もあります。これは、特定のニーズに対応するために旧型を選ぶユーザーにとって、価格以上の価値を提供しています。

旧型のビッグショットは、特に価格面でのアピールが強く、多くのオンラインプラットフォームやアウトレットストアで購入可能です。

価格は約16,000円と新型よりも手頃であり、特定のセール期間にはさらに割引が適用されることもあります。

このような特長から、初めてノースフェイスの製品を試す方や、予算に制限がある方にとって、旧型は非常に魅力的な選択肢となっています。

ビッグショット旧型の在庫状況

在庫の希少性

ノースフェイスのビッグショット旧型は、生産が終了しているため、在庫は日々減少しています。特に、人気のカラーバリエーションやサイズについては、在庫が急速に減少している場合があります。

購入のタイミング

在庫が限られているため、特に希望するカラーや機能がある場合は、早めの購入が強く推奨されます。一部のオンラインショップでは、在庫状況をリアルタイムで確認する機能があり、これを活用することで最適な購入タイミングを見極めることができます。

旧型の独占販売

一部の専門店やオンラインマーケットプレイスでは、旧型専用の在庫を確保している場合もあります。これらの店舗は、旧型の特定の特長を求める消費者にとって、貴重な購入先となる可能性があります。

在庫確保の戦略

旧型の在庫が少なくなっていることを考慮し、一部の消費者は複数個購入して将来的な需要に備える戦略も考えられます。このような戦略は、特に長期間にわたって同じバックパックを使用したいと考えている人には有用です。

旧型のビッグショットは、生産終了により在庫が限られており、特に人気のカラーとサイズは急速に減少しています。

そのため、希望する仕様が明確な場合は、早めの購入が推奨されます。

一部のオンラインショップや専門店では、旧型専用の在庫を確保している場合もあり、これらの店舗は旧型の特定の特長を求める消費者にとって貴重な購入先となり得ます。

ビッグショット旧型のレビューと評価

耐久性の高評価

旧型ビッグショットは、特に耐久性において高い評価を受けています。多くのレビューで、長期間の使用にも耐えうる頑丈な作りとされています。特に、高密度のナイロン素材と強化されたステッチが、このバックパックの長寿命を支えています。

多機能性の実用性

このモデルは、多機能性も評価の対象となっています。33リットルの容量と多数の収納ポケットが、日常使いからアウトドアまで幅広いシーンでの利用を可能にしています。特に、スパインチャンネル構造による背負い心地の良さも評価されています。

デザインに対する批評

一方で、デザイン面ではやや古臭さが指摘されています。特に、新型に比べてカラーバリエーションが限られている点や、一部のデザイン要素が時代遅れであるとの意見が見られます。

総合評価:

総合的に見て、旧型ビッグショットは、耐久性と多機能性で高評価を受けていますが、デザイン面での更新が求められています。これは特に、最新のアウトドアギアに対する高い要求を持つユーザーからのフィードバックとして顕著です。

多くのレビューで耐久性と多機能性が高く評価されている一方で、デザインの古さが指摘されています。

特に、高密度のナイロン素材と強化ステッチ、33リットルの容量、多数の収納ポケット、スパインチャンネル構造などが評価されています。

しかし、新型に比べてカラーバリエーションが限られている点や、一部のデザイン要素が時代遅れであるとの意見もあります。

ビッグショット旧型のメンテナンス方法

防水性の維持

このバックパックの防水性は、定期的な防水スプレーの使用で長持ちします。特に、6ヶ月に1回の頻度でのスプレーが推奨されています。市販の防水スプレーは、約1,000円で購入可能で、一本で約3回のメンテナンスが行えます。

汚れとの戦い

汚れがついた場合は、手洗いが最も効果的です。石鹸を使わず、冷水で優しく洗うことで、素材を傷めずに汚れを落とすことができます。特に、ナイロン素材は熱に弱いため、冷水が推奨されます。

ジッパーとファスナーのケア

ジッパーとファスナーは、特に摩耗が早い部分です。これらの部分には、専用の潤滑剤を使用することで、スムーズな動きを保ちます。一般的なジッパー用潤滑剤は、約500円で購入できます。

総合的なメンテナンスコスト

年間で考えると、防水スプレーとジッパー用潤滑剤を合わせても約2,500円程度で、長期間の使用をサポートできます。

防水スプレーの定期的な使用、汚れに対する手洗い、ジッパーとファスナーのケアなどが詳細に解説されています。

特に、6ヶ月に1回の防水スプレー使用と、冷水での手洗いが推奨されています。

また、ジッパーとファスナーには専用の潤滑剤を使用することで、長期間の使用をサポートします。

ノースフェイスビッグショット旧型と新作の違いまとめ

以下に、ポイントをまとめました。

対象ユーザーはアウトドア愛好者、ビジネスマン、学生

耐久性と機能性に優れる

容量は33リットル、重量は約1,270g

独自のテクノロジーにはスパインチャンネル構造、エアメッシュとPEシートの立体構造がある

購入先は多様で、Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングなどが含まれる

在庫は日々減少しており、特に人気のカラーバリエーションやサイズは急速に減少

価格は約16,000円で、新型よりも手頃

旧型は新型にはない独自のデザインや機能が残っている場合もあり

レインカバーは別売りで、価格は約2,000円

環境への配慮もあり、メイン生地と補強生地にリサイクル素材を使用

合わせて読みたい
ノースフェイスヒューズボックス偽物の見極め方と賢い選び方
ノースフェイスヒューズボックス偽物の見極め方と賢い選び方
合わせて読みたい
ノースフェイス ホットショットはダサい?機能性とデザイン性を兼ね備えた女子にもおすすめバックパック
ノースフェイス ホットショットはダサい?機能性とデザイン性を兼ね備えた女子にもおすすめバックパック
合わせて読みたい
シャトルデイパックがダサいと感じる理由と評価・評判は?
シャトルデイパックがダサいと感じる理由と評価・評判は?
合わせて読みたい
ノースフェイスのウエストバッグおすすめ4選!男女問わず人気のコーデと評判
ノースフェイスのウエストバッグおすすめ4選!男女問わず人気のコーデと評判
合わせて読みたい
アークテリクスがダサいと言われる理由と実際の評判
アークテリクスがダサいと言われる理由と実際の評判
合わせて読みたい
ケルティがダサい印象は誤解?その理由と魅力を解説
ケルティがダサい印象は誤解?その理由と魅力を解説
合わせて読みたい
マンハッタンポーテージ時代遅れの真相と年齢層を徹底解析!
マンハッタンポーテージ時代遅れの真相と年齢層を徹底解析!

にほんブログ村 ファッションブログへ
にほんブログ村


ファッションランキング

SHARE
あずにゃん
あずにゃん
ブロガー/元アパレルバイヤー
元アパレルバイヤーのあずにゃんです。
アパレル歴20年以上のベテランです。
自信のアパレル経験を元におすすめの洋服やファッションアイテム・サービスを紹介しています。
ぜひ参考にしてみてくださいね。
お仕事のご依頼・お問い合わせは、お問い合わせホームまで。
記事URLをコピーしました