ニューエラシール剥がす割合は意外と多い?メリット・デメリットを比較検証

 

ニューエラシール剥がす割合は意外と多い?メリット・デメリットを比較検証

ニューエラシール剥がす割合は意外と多い?メリット・デメリットを比較検証
azuma
記事内に商品プロモーションを含む場合があります

ニューエラのキャップシールを剥がすか剥がさないか、どちらが正しいのでしょうか?

この記事では、「ニューエラ シール剥がす 割合」に関する情報を徹底解説します。

40代の視点や女子のトレンド、そして剥がす派の意見とその理由まで幅広くカバーします。

また、シールを剥がすことが「ダサい」と言われる理由や、芸能人の影響も探ります。

ニューエラのキャップをおしゃれに使いこなすための判断基準を提供しますので、ぜひ参考にしてください。

あずにゃん
あずにゃん

この記事のポイントは以下の4つです。

記事のポイント

ニューエラのキャップシールを剥がす人と剥がさない人の割合

シールを剥がす理由とシールを剥がさない理由

40代や女子、芸能人の視点やトレンド

シールを剥がすことが「ダサい」と言われる背景

スポンサーリンク

ニューエラのシールを剥がす割合の真意

ニューエラのシールを剥がす割合の真意

シールを剥がす割合は?

剥がす派の意見

ダサいと言われる理由

剥がす剥がさないの判断基準

裏に貼る方法

裏に貼り直すコツ

シールを剥がす割合は?

シールを剥がす割合は?

ニューエラのキャップシールを剥がすか剥がさないかは、多くのユーザーが気にするポイントです。

MUSUBITSUKI公式X(旧:Twitter)で行われたアンケートによると、ニューエラのキャップシールを剥がす人の割合は31%、剥がさない人の割合は69%という結果が出ています。

このデータから、シールを剥がさない人の方が多いことがわかります。

なぜシールを剥がさない人が多いのかというと、シールを剥がさないことでニューエラらしさを保ち、ファッションのアクセントになると考えられているからです。

また、シールを剥がさないことで新品の証明としての役割を果たし、ストリートカルチャーにおいてはシールを残すことがカッコいいとされている背景もあります。

一方で、シールを剥がす人も一定数存在し、シールを剥がす理由としては、キャップの見た目をシンプルにしたいという考えや、日焼け跡を防ぎたいという実用的な理由があります。

キャップを洗いやすくするためにシールを剥がす人もいます。

このように、シールを剥がすかどうかは個々の価値観や使用状況に大きく依存しています。

剥がす派の意見

剥がす派の意見

ニューエラのキャップシールを剥がす派の意見として、主に以下の理由が挙げられます。

まず、キャップをシンプルなデザインにしたいという意見があります。

シールがあることでキャップに余計な装飾が加わり、服装のコーディネートが難しくなると感じる人がいます。

シールを剥がすことで、キャップ全体がシンプルな印象になり、様々なファッションに合わせやすくなるのです。

次に、シールの日焼け跡を防ぎたいという理由です。

シールをつけたまま外でキャップを使用していると、シールの部分だけが日焼けせずに跡が残ってしまうことがあります。

これを避けるために、シールを剥がして使用する人が多いです。特に黒やネイビーのキャップでは日焼け跡が目立つため、シールを剥がしてから使用することが推奨されています。

さらに、シールを剥がすことでキャップを洗いやすくするという実用的な理由もあります。

シールがついていると、キャップを洗う際にシールが剥がれる心配や、シールの部分が汚れる心配があります。

これを避けるために、シールを剥がしてからキャップを洗うことで、キャップを清潔に保つことができます。

このように、ニューエラのキャップシールを剥がす派の意見は、主にデザインのシンプルさ、日焼け跡の防止、キャップの洗いやすさといった実用的な理由に基づいています。

個々の価値観や使用状況により、シールを剥がすかどうかの選択がされているのです。

ダサいと言われる理由

ダサいと言われる理由

ニューエラのキャップシールを剥がすことが「ダサい」と言われる理由には、いくつかの文化的背景と価値観が関係しています。

まず、シールが正規品であることの証として重要視されている点があります。

ニューエラのキャップは、品質保証のためにシールが貼られています。

これを剥がすことで、本来のデザインや価値が損なわれると感じる人がいます。

特にストリートファッションの中では、シールをつけたままにすることが「本物」であることの証明とされ、これを外すことが文化に対する理解や敬意を欠いていると捉えられることがあります。

次に、シールがファッションの一部として受け入れられているという点です。

シールはキャップのデザイン要素の一つとして見られており、これを剥がすとデザインが完成しないと考える人もいます。

特にヒップホップカルチャーやストリートファッションでは、シールをつけたままのキャップがスタンダードとされ、剥がすことがその文化から外れる行為とみなされることがあります。

また、シールを剥がす行為が「新品感を失う」という認識も影響しています。

シールを剥がさずに残しておくことで、新品であることをアピールできるため、シールを剥がすことで古びた印象を与える可能性があります。

新品の状態を維持したいという考えから、シールを剥がすことがダサいと感じられるのです。

これらの理由から、ニューエラのキャップシールを剥がすことがダサいと言われることがありますが、最終的には個々のスタイルや好みによるものであり、絶対的なルールではありません。

剥がす剥がさないの判断基準

剥がす剥がさないの判断基準

ニューエラのキャップシールを剥がすか剥がさないかの判断基準は、主に個人のスタイルや実用性に基づいて決定されます。

まず、自分のファッションスタイルを考慮することが重要です。

ストリートファッションやヒップホップカルチャーを好む人にとって、シールを剥がさずに残しておくことが一般的であり、その方がスタイルに合う場合があります。

一方で、シンプルでミニマルなファッションを好む人は、シールを剥がすことでキャップのデザインをスッキリとさせ、他の服装と合わせやすくすることができます。

次に、実用性も考慮に入れるべきです。シールを剥がさずに使用することで、シール部分に汚れがたまりやすくなったり、洗濯がしにくくなる可能性があります。

また、シールの部分だけが日焼けせず、色むらが生じることもあります。

このような理由から、実用性を重視する人はシールを剥がすことを選ぶことが多いです。

さらに、シールが新品の証明であると考えるかどうかも判断基準になります。

新品感を保ちたい人はシールを剥がさないことが一般的ですが、使用感を出したい人はシールを剥がすことを好みます。

例えば、シールが付いたままのキャップをリセールする場合、シールがあることで価値が保たれることがあります。

最後に、自分がどう感じるかを大切にしてください。

周囲の意見やトレンドに左右されることなく、自分がどちらの方が心地よく感じるか、どちらが自分のスタイルに合っているかを基に判断するのが最も重要です。

このように、ニューエラのキャップシールを剥がすか剥がさないかの判断基準は、ファッションスタイル、実用性、新品の証明、自分の感じ方といった要素を総合的に考慮して決定すると良いでしょう。

裏に貼る方法

ニューエラのキャップシールを裏に貼る方法

ニューエラのキャップシールを裏に貼る方法は簡単で、誰でも手軽にできます。

以下のステップに従って進めてください。

まず、シールを剥がす準備をしましょう。

シールを丁寧に剥がすために、爪や小さなヘラなどを使ってシールの端を持ち上げます。

このとき、シールを破らないように注意しましょう。ゆっくりと慎重に剥がすことで、シールをきれいに取り外すことができます。

次に、キャップの裏側をきれいにします。

シールを貼る部分に汚れやホコリがついていると、シールがしっかりと貼り付かないことがあります。

布やティッシュで軽く拭いて清潔な状態にしておきましょう。

その後、シールをキャップの裏に貼ります。

ツバの裏側にシールを配置し、位置を確認します。

このとき、シールが中央にくるように調整すると見た目が良くなります。位置が決まったら、シールをしっかりと押さえて貼り付けます。

空気が入らないように注意しながら、シール全体を均等に押さえましょう。

最後に、シールがしっかりと貼り付いていることを確認します。

シールの端が浮いていないか、しっかりとチェックしてください。

もし端が浮いている場合は、再度押さえてしっかりと貼り付けます。

この方法を使えば、ニューエラのキャップシールを裏に貼ることができます。

これにより、シールが目立たずに済み、キャップのデザインを保ちながらもシールの存在を示すことができます。

裏に貼り直すコツ

ニューエラのキャップシールを裏に貼り直すコツ

ニューエラのキャップシールを裏に貼り直す場合、いくつかのコツを押さえることで、きれいに貼り直すことができます。

以下のポイントを参考にしてください。

まず、シールを剥がす際には慎重さが必要です。

シールを剥がすときに破れてしまうと再利用が難しくなります。

爪やヘラを使ってシールの端を少しずつ持ち上げ、ゆっくりと剥がすことが大切です。

一気に剥がさず、ゆっくりと時間をかけて丁寧に行いましょう。

次に、シールの粘着力を回復させる方法があります。

シールを剥がした後、粘着力が弱くなっている場合があります。

このようなときは、シールを剥がした面を軽く水で湿らせ、乾かしてから再度使用することで、ある程度の粘着力を回復させることができます。

ただし、完全に乾くまで待つことが重要です。

また、シールを貼り直す際には、シールの位置を正確に決めることがポイントです。

シールの位置がずれてしまうと見た目が悪くなるため、慎重に位置を調整しましょう。

最初に軽く貼り付け、位置を確認してからしっかりと押さえると良いでしょう。

特に、シールが中央にくるように意識すると、見た目が整います。

さらに、シールを貼り直す際には、空気が入らないように注意してください。

シールを貼るときに空気が入ると、シールが浮いて見えてしまいます。

シールを貼る際には、中央から外側に向かって押さえるようにすると、空気が入りにくくなります。

最後に、シールがしっかりと貼り付いているかを確認しましょう。

シールの端が浮いていないか、しっかりとチェックし、必要であれば再度押さえて貼り直します。

これにより、シールがしっかりと固定され、見た目もきれいに仕上がります。

これらのコツを押さえておけば、ニューエラのキャップシールを裏に貼り直す際に、きれいでしっかりとした仕上がりが期待できます。

ニューエラのシールを剥がす割合は?剥がす剥がさない理由

ニューエラのシールを剥がす割合は?剥がす剥がさない理由

芸能人の影響

女子のトレンド

シールを剥がす女子の意見

キャップシールに対する40代の視点

剥がす派のメリットとデメリット

剥がさない派のメリットとデメリット

芸能人の影響

ニューエラのキャップシールを剥がさないスタイルが広まった背景には、芸能人の影響が大きく関わっています。

多くの有名人やアーティストがニューエラのキャップをシール付きのまま着用している姿がメディアに露出することで、このスタイルが「カッコいい」と認識されるようになりました。

特に、ヒップホップアーティストやストリートファッションのアイコンとされる芸能人がシールを剥がさずにキャップを着用していることが目立ちます。

彼らのファッションセンスは多くの若者に影響を与えており、シールを剥がさないスタイルが一種のトレンドとなっています。

例えば、テレビやSNSで人気アーティストがシール付きのニューエラキャップをかぶっているのを見ることで、ファンや視聴者も同様のスタイルを取り入れるようになります。

また、スポーツ選手の影響も無視できません。

メジャーリーグの選手たちが試合やイベントでシールを剥がさずにキャップを着用している姿を目にすることで、ニューエラのシールを残すことが「本物」であり「正統派」であると感じるようになります。

これにより、シールを剥がさないことがステータスシンボルの一つとして認識されるのです。

このように、ニューエラのシールを剥がさないスタイルが広まった背景には、芸能人やスポーツ選手の影響が大きく関わっており、彼らのファッションセンスが多くの人々に浸透しています。

女子のトレンド

ニューエラのキャップシールを剥がさないスタイルは、女子の間でもトレンドとなっています。

特に若い女性たちの間で、このスタイルが人気を集めている理由はいくつかあります。

まず、シールを剥がさないことで得られる「おしゃれ感」が挙げられます。

シール付きのニューエラキャップは、カジュアルでありながらも個性的なアイテムとしてコーディネートのアクセントになります。

シールを残すことでキャップが新品であることをアピールでき、トレンドに敏感な女子たちにとっては重要なポイントとなっています。

次に、SNSの影響も大きいです。

インスタグラムやTikTokなどのプラットフォームで、ファッションインフルエンサーやモデルがシール付きのニューエラキャップを着用している姿を投稿することで、そのスタイルが広まりやすくなっています。

フォロワーたちは彼女たちのコーディネートを真似することで、最新のトレンドを取り入れようとします。

さらに、シールを剥がさないことで得られるストリート感も人気の要因です。

ストリートファッションは自由で自己表現が重視されるスタイルであり、シールを剥がさずにキャップをかぶることで、自分らしさを表現できます。

特に、ヒップホップやストリートカルチャーに憧れる女子たちは、このスタイルを取り入れることで、自分のファッションに一貫性を持たせています。

このように、ニューエラのキャップシールを剥がさないスタイルは、女子の間でトレンドとなっています。

おしゃれ感、SNSの影響、ストリート感といった要素が相まって、多くの女性がこのスタイルを取り入れています。

シールを剥がす女子の意見

ニューエラのキャップシールを剥がす女子の意見

ニューエラのキャップシールを剥がす女子の意見は、多様な理由に基づいています。

具体的には以下のような意見が多く見られます。

まず、キャップをよりシンプルで洗練されたデザインにしたいという意見があります。

シールを剥がすことで、キャップのデザインがスッキリし、他のファッションアイテムとのコーディネートがしやすくなります。

特に、ミニマルなファッションを好む女子にとって、シールを剥がすことが全体のバランスを取るための重要なステップです。

次に、シールの日焼け跡を防ぎたいという理由もあります。

キャップを長時間かぶっていると、シール部分だけが日焼けせずに色が残ることがあります。

これを避けるために、シールを剥がしてから使用する女子が多いです。

特に明るい色のキャップでは、この問題が顕著に現れます。

さらに、キャップを清潔に保つためにシールを剥がすという実用的な理由もあります。

シールを剥がしておけば、キャップを洗う際にシールが剥がれる心配がありません。

また、シールがない方が洗いやすく、汚れがたまりにくいという利点もあります。これにより、キャップを長く愛用できるのです。

最後に、シールを剥がすことがファッションの自由度を高めるという意見もあります。

シールを剥がすことで、他のアクセサリーやファッションアイテムと組み合わせやすくなり、自分だけのスタイルを作りやすくなります。

これにより、個性をより強く表現できるのです。

このように、ニューエラのキャップシールを剥がす女子の意見は、デザインのシンプルさ、実用性、ファッションの自由度など、さまざまな理由に基づいています。

キャップシールに対する40代の視点

ニューエラのキャップシールに対する40代の視点

ニューエラのキャップシールに対する40代の視点は、実用性とファッション性をバランスよく考慮したものが多いです。

以下に、40代の方々がシールを剥がすかどうかを判断する際のポイントを紹介します。

まず、実用性を重視する視点があります。

40代の方々は、キャップを日常的に使いやすいアイテムとして選ぶことが多いため、シールを剥がすことでキャップを清潔に保ちやすくします。

シールがついていると、洗濯時にシールが剥がれたり、汚れがたまったりするリスクがあります。

これを避けるために、シールを剥がす選択をする人が多いです。

次に、シンプルなデザインを好む傾向があります。

40代になると、シンプルで落ち着いたファッションを好む人が増えるため、シールを剥がすことでキャップのデザインがスッキリし、他のアイテムと合わせやすくなります。

特にビジネスカジュアルやスマートカジュアルのスタイルを取り入れている場合、シールのないキャップの方が適しています。

また、40代の方々は長く使えるアイテムを選ぶ傾向があります。

そのため、キャップを長持ちさせるためにシールを剥がすことが推奨されます。

シールがついたままだと、シール部分だけが色褪せずに残ることがあり、全体の見た目に影響を与えることがあります。

シールを剥がすことで、キャップ全体が均一に経年変化するため、見た目も保たれます。

一方で、シールを剥がさない選択をする40代もいます。

この場合、シールを残すことで新品感を維持し、正規品であることを示す意図があります。

特にコレクターズアイテムとしてキャップを所有する場合や、ストリートファッションを取り入れている場合には、シールを剥がさないことでその価値を高めることができます。

このように、40代の視点から見ると、ニューエラのキャップシールを剥がすかどうかは実用性とファッション性のバランスを考慮した上で決定されることが多いです。

それぞれのライフスタイルやファッションの好みに応じて、シールを剥がすかどうかを選んでいます。

剥がす派のメリットとデメリット

ニューエラのキャップシールを剥がす派のメリットとデメリット

ニューエラのキャップシールを剥がす派には、いくつかのメリットとデメリットがあります。まずはメリットから見ていきましょう。

メリット

シンプルなデザイン
シールを剥がすことで、キャップがシンプルで洗練されたデザインになります。これにより、他のファッションアイテムと合わせやすくなり、幅広いスタイルに対応できます。

日焼け跡の防止
シールを剥がすことで、キャップのツバにシールの日焼け跡が残るのを防げます。特に明るい色のキャップでは、シールの部分だけが色褪せないことが多く、剥がしておくと全体の見た目が良くなります。

洗濯のしやすさ
シールがないとキャップを洗いやすくなります。シールがついていると、洗濯時にシールが剥がれたり、シール周辺に汚れがたまったりすることがありますが、剥がしておけばその心配がありません。

デメリット

新品感の喪失
シールを剥がすと、新品感がなくなりやすくなります。シールは新品であることを示す一つの要素であるため、剥がしてしまうとその証拠がなくなってしまいます。

再販価値の低下
シールを剥がすことで、キャップの再販価値が低下することがあります。コレクターや中古品を購入する人にとって、シールがないことは価値を下げる要因となることが多いです。

ファッション性の減少
シールを剥がすと、一部のファッションシーンでは「本物らしさ」が失われることがあります。特にストリートファッションやヒップホップカルチャーでは、シール付きのキャップが一種のステータスシンボルとなっているため、剥がすことでその価値が減少することもあります。

剥がさない派のメリットとデメリット

ニューエラのキャップシールを剥がさない派のメリットとデメリット

ニューエラのキャップシールを剥がさない派にも、メリットとデメリットが存在します。

まずはメリットから見ていきます。

メリット

新品感の維持
シールを剥がさないことで、キャップの新品感を維持できます。シールがついていることで、キャップが新品であることが一目でわかり、見た目にもフレッシュな印象を与えます。

再販価値の向上
シールを剥がさないことで、キャップの再販価値が高まることがあります。特にコレクターズアイテムや限定品の場合、シールがついたままの状態が求められるため、価値が保たれます。

ファッション性の強調
シール付きのキャップは、ストリートファッションやヒップホップカルチャーで人気があります。シールを剥がさないことで、これらのファッションシーンで「本物らしさ」や「正統派」であることをアピールできます。

デメリット

デザインの複雑化
シールを剥がさないことで、キャップのデザインがやや複雑になります。シンプルなスタイルを好む人にとっては、シールが邪魔に感じることがあります。

日焼け跡のリスク
シールを剥がさないと、シール部分だけが日焼けせずに残り、周囲との色の違いが目立ってしまうことがあります。これにより、見た目が悪くなる可能性があります。

洗濯の難しさ
シールがついたままだと、キャップを洗う際に注意が必要です。シールが剥がれないように気を使う必要があり、シール周辺の汚れが取りにくいこともあります。

このように、ニューエラのキャップシールを剥がさない派には、新品感や再販価値の維持といったメリットがある一方、デザインの複雑さや日焼け跡のリスクといったデメリットも存在します。

どちらの選択肢にも利点と欠点があるため、自分のスタイルや用途に合わせて判断することが重要です。

ニューエラのシールを剥がす割合についてまとめ

以下に、のポイントをまとめました。

シールを剥がす割合は31%、剥がさない割合は69%

シールを剥がさない人が多数

剥がさないことでニューエラらしさを保つ

シールはファッションのアクセントになる

シールは新品の証明になる

ストリートカルチャーではシールを残すのがカッコいい

シールを剥がす理由はキャップの見た目をシンプルにしたいから

日焼け跡を防ぐために剥がす人がいる

キャップを洗いやすくするために剥がす人もいる

個々の価値観でシールを剥がすかどうか決めている

剥がす派の意見はデザインのシンプルさを求める

シールを剥がすことで日焼け跡を防げる

洗濯の際にシールが邪魔になることを防げる

剥がすことでキャップが清潔に保てる

シールが正規品の証として重要

シールを剥がすと本来のデザインが損なわれると感じる人もいる

ストリートファッションではシールを残すのが一般的

新品感を保つためにシールを剥がさない人もいる

芸能人の影響でシールを剥がさないスタイルが広まった

若い女性の間でもシールを剥がさないスタイルがトレンド

SNSでシール付きキャップが人気

シンプルなデザインを好む人はシールを剥がす

実用性を重視する人はシールを剥がす

シールを裏に貼ることで見た目を保ちながらシールを保持できる

シールを裏に貼り直す際は慎重に行うことが重要

シールの粘着力を回復させる方法もある

位置を正確に決めることが重要

シールに空気が入らないように貼る

40代の視点では実用性とファッション性のバランスが重要

シールを剥がさないことで再販価値が高まる

にほんブログ村 ファッションブログへ
SHARE
あずにゃん
あずにゃん
ブロガー/元アパレルバイヤー
元アパレルバイヤーのあずにゃんです。
アパレル歴20年以上のベテランです。
自信のアパレル経験を元におすすめの洋服やファッションアイテム・サービスを紹介しています。
ぜひ参考にしてみてくださいね。
お仕事のご依頼・お問い合わせは、お問い合わせホームまで。
記事URLをコピーしました