ファション

最新人気メンズファッションブランドおすすめ6選!【2019年版】初心者向け

メンズファッションで人気ブランドってどんなのがあるんですか?出来れば20代~30代に合うブランドを教えて欲しい。

と言う質問にお答えします。

私は、アパレルバイヤーを約10年間ぐらいしてました。

これまでのアパレルバイヤーの経験と知識を活かして、メンズファッションの人気ブランドをご紹介します。

 

メンズファッションブランドだけ観ても沢山あってわけわからないと思うので、人気おすすめブランドを厳選してご紹介します。
ナノ・ユニバース公式通販サイト限定早期割引サービス「NANO割」

人気メンズファッションブランド6選!

おすすめ人気メンズファッションブランド6選をご紹介します。

 

THE NORTH FACEザ・ノース・フェイス

 

 

TEH NORTH FACE
ザ・ノース・フェイス [THE NORTH FACE]のアウタージャケット
1968年、サンフランシスコで創業されたアメリカのアウトドアブランド。
“DO MORE WITH LESS(最小限のエネルギー、物質で最大限の機能を引き出す)”がブランドコンセプト。同ブランドの「スリーピングバッグ」は、高い品質と、快適に使用できる最低温度”最低温度規格表示”」を明記し高い信頼を得ている。
70年代初頭、バックミンスター・フラーが提唱するジオデスィックドーム理論を具現化した世界初のドーム型テント「オーバルインテンション」を開発。
イギリス・カナダ合同隊による76年のパタゴニア遠征の際には、このブランドのテントだけが吹き飛ばされず、隊員たちの命を守り伝説を残す。
76年、フィールドでの行動をより自由に動きやすくした、フレームパック「バックマジック」を発表。以降もその時々の最高の機能を追求し、アウトドアライフを快適にする製品を開発し、”人類は自然のために成功するようにデザインされている”という、数学者、思想家、発明家、建築家のバックミンスター・フラーの言葉を軸に、自然への負担を最小に、人と自然の関わり方を追求・提案している。
ザ・ノース・フェイス [THE NORTH FACE]の人気アイテムをご紹介!
バルトロライトジャケット

 

ザ・ノース・フェイス [THE NORTH FACE]バルトロライトダウンジャケット

ノースフェイスのダウンジャケット『バルトロライトジャケット ND91840』は今季もおすすめ。

カナダグースやモンクレールなど高級ダウンも多数存在しますが、価格的にもスペック的にも、今もっとも注目されているダウンジャケットと言っても良いくらいの人気です。

 

私も、バルトロライトダウンジャケットは1枚欲しいのですが…

大人気の為、去年は全く買えませんでした(;・∀・)

今年は絶対欲しいです!

 

 

ノースフェイスマウンテンパーカー
【2019年版】ノース・フェイスマウンテンパーカーが人気!元アパレルバイヤーがおすすめ10選どうも、元アパレルバイヤーで現役アパレル販売員のあずにゃん(@kazuya19770529)です。 今年も相変わらずの人気で勢いが...

 

 

ザ・ノース・フェイス [THE NORTH FACE]

その他にも沢山人気アイテムがあります♪


メンズファッションプラス

Patagoniaパタゴニア

 

patagonia(パタゴニア)

 

ブランドのはじまり1957年、イヴォン・シュイナードが創業。

パタゴニアについて

 

「パタゴニア(Patagonia)」はアメリカのアウトドアブランド。アルピニズムを企業理念の中心として、クライミング、スキー、スノーボード、サーフィン、フライフィッシング、パドリング、そしてトレイルランニング

1957年にイヴォン・シュイナード(Yvon Chouinard)が、シュイナード・イクイップメント(パタゴニアの前身)を創業。

ロッククライミング用具の製造と販売を行う。

自宅の裏庭に作業場を作り、そこで作った用具を車で運び売りに行く。

数年続けた後、次第にイヴォン・シュイナードの作る用具の需要が高まったため、1965年に航空技師のトム・フロストと一緒に仕事をすることにする。

1966年、ベンチュラに拠点を移す。

自分たちが製造・販売する用具が岩を破壊していることから、環境保護について考えるようになる。

そして1972年にハンマーを使わずに手で使うチョックを発売。

これが大ヒットする。

1973年、衣料品部門のブランドを「パタゴニア(Patagonia)」とする。

パタゴニアとは南米の地名のことだが、はるか彼方の、地図には載ってないような遠隔地というイメージがあり、またどの国の言葉でも簡単に発音できる言葉であることから名づけられた。

1985年、パタゴニアが毛玉にならない両面起毛のシンチラ素材を開発。

これが現在のフリースとなる。もともとカラーバリエーションが少なく、またダークトーンのものが多かったアウトドア製品だったが、パタゴニアは鮮やかな色彩を使い、コバルト、ティール、フレンチ・レッド、アロエ、シーフォーム、アイス・モカなど新たなカラーを世に送り出す。

シンチラと鮮やかなカラーリング等で、パタゴニアはアウトドアウェアで人気となる。

1996年以降、コットン素材にはすべてオーガニック・コットンを使用している。97年、姉妹ブランドウォーターガールを設立。

2005年に、パタゴニア製の下着を回収して新品にリサイクルする活動を開始。これ以降パタゴニアは、環境を配慮し、リサイクル素材の活用を積極的に行っている。

 

「パタゴニア(Patagonia)」の人気アイテムがこちら♪

 

クラシック・レトロX・ジャケット

 

パタゴニアのクラシックレトロXジャケット

パタゴニアのクラシックレトロXジャケットは毎年大人気のアイテムです♪

 

パタゴニアは私も昔から好きで何枚か持ってますが、ジーンズなどのカジュアルなコーディネートにも合わせやすいですよ〜

 

「パタゴニア(Patagonia)」のその他のアイテムはこちら→「パタゴニア(Patagonia)」

 

Carhartt WIP[カーハートウィップ]

 

carhartt(カーハート)

ブランドヒストリー

1855

1855年8月27日、ブランド創設者である「ハミルトン・カーハート」は、医師であった父・ジョージ カーハートと母・レファ ジェーンの子として、New Yorkのウエスト・ウォルワースで誕生。

1882-1884

ハミルトン・カーハートは27歳の時(1882年)に、最初のビジネスとなる衣料品の卸売業をスタートさせる。その2年後の1884年には家具や手袋の卸業会社「ハミルトン・カーハート&カンパニー」を米国ミシガン州デトロイトに設立した。

1889

デトロイトは1830年代から輸送、造船、製造業が年々成長を遂げており、ハミルトン・カーハートはデトロイトの労働者に向けたワークウェアを製造することを決意する。やがて1889年になると、社名を「ハミルトン・カーハート・マニュファクチュア」とし、わずか4台のミシンと5人の従業員でワークウェアの生産をスタートさせ、最初のプロダクトとして丈夫なダック地とデニムで作られた「オーバーオール」を世に送り出した。これが今日まで続く「Carhartt」ブランド誕生の瞬間となった。

しかし、船の帆やテントにも使われていた丈夫な素材を用い、擦れや破れにも強く、労働者にとっては頼れる製品であり、デトロイトとサザン・ミシガンは労働者の数が増加していたのにも関わらず、Carharttのビジネスはなかなか軌道に乗らなかった。

ハミルトン・カーハートは徹底的に製品づくりを見直し、当時ミシガン州の労働人口の多くを占めていた、鉄道員たちのニーズに応える仕立ての良いプロダクトを生み出すため、鉄道技師に製品改良のためのアドバイスを求めた。

そして、デニムまたは12オンスのコットンキャンバスを用い、優れた耐久性(トリプルステッチ、銅のリベット、ボタンホールの強化)と、極上の着心地(ワイドレッグス、サスペンダー、特許を取得したビブ・デザイン)を併せ持ち、定規やペンチといった工具用ポケットや、ハンマーループを備えたオーバーオールを完成させた。

 

そしてこのCarharttのオーバーオールはアメリカンワークウェアのアイコンとなっていった。

1910

産業の成長とともに、Carharttもプロダクツのクオリティを向上させ、新たなマーケティング戦略を駆使しながら着実に成長を遂げ、1910年には8つの縫製工場と2つの紡績工場を抱えるまで事業を拡大するようになり、社名も「ハミルトン・カーハート・コットンミルズ」へと変更。

 

この頃のCarharttは当時”カー”と呼ばれていた路面電車と、ミシガン州を含むアメリカ合衆国中西部”ハートランド”をブランドの名に掛けて、通称「ハートマーク」と呼ばれるロゴを使用していた。

1923-1925

1923年にはブランドの象徴的なアイテムであるブラウンのダック地を使用したカバーオールを発表し、今日までほぼ形を変えず展開している。そして1925年には、オーバーオール、シャツ、パンツ、シューズ、ハンティングウェアなど、様々なワークウェアを製造するようになる。

1930’s-1960’s

1920年代から1930年代にかけてCarharttも綿花恐慌と経済恐慌のあおりを受けることになり、一時的に業務縮小を余儀なくされた。

1937年、創設者のハミルトン・カーハートは妻とともに交通事故により他界(享年82歳)。

1940年代に入ると第二次世界大戦の影響による物資統制が実施され、Carharttの製品にもリベットを用いないアイテムや、ロゴ刻印のない月桂樹柄ボタンを使用したアイテムなどが販売された。

全米自動車組合が組織されていた1935年から1960年頃まで、ワークウェアのタグには「UNION MADE(ユニオン・メイド)」という言葉が記されていた。

“ユニオン”とは労働組合を意味し、当時のアメリカで労働組合は大きな影響力を持っており、自動車産業に限らずどんな組合も組合を否定するような企業が作る製品は購入しないようにと組合員に指令を出していた。

ワーカーたちは自分たちと同じ立場の人間が作った製品を求め、商品に縫いつけられた「UNION MADE」のタグがそれを見分ける方法となったのである。

当時Carharttは製品を購入した人々に、無料でカレンダー付きの手帳を配布していた。手帳の扉には〈アメリカの労働者諸兄へ〉という呼びかけが記されており、自分たちより上の世代の人々が、様々な困難を乗り越えて獲得してきた労働者の団結を讃え、さらにCarhartt社は常にワーカーたちとともに歩んできた会社だと綴られていた。

1966年、現在世界中で広く認識されている、通称「Cロゴ」をブランド・ロゴとして発表。このお馴染みのロゴは、豊かさを表すシンボルである「コーヌコピア(豊穣の角)」と呼ばれる、ギリシャ神話に登場するゼウスに乳を与えたヤギの角がモチーフとなっている。

1970’s

1971年にはジーンズの製造にも乗り出し、初の子会社「Carhartt South」社を設立。1970年代は時代の流れを読み、プロダクツ・コンセプトである〈耐久性、品質、フィット感、着心地の良さ〉を維持しながら、ワーカーだけでなくより多くの人たちが着用できるカジュアル・テイストのアイテムの販売をスタートさせる。

1989

1989年に大きな節目となるブランド設立100周年を迎える。この年に製造されたアイテムのタグやボタンには、「100 YEARS 1889-1989」の文字が施され、100周年の記念として白頭鷲をモチーフにしたスペシャルワッペンも製作された。

1990’s-2010’s

Carharttは米本国では時代を問わず労働者にとって欠かすことのできないワークウェアであるが、90年代に入るとタフでリーズナブルなCarharttのプロダクツは数多くのHIP HOPアーティストに受け入れられ、ストリートウェアの代表的ブランドとしての地位も確立。

同時にヨーロッパや日本でもカジュアル・ウェアとして高い人気を集めていく。

1997年には満を持してデザインやシルエットをより現代的にアレンジした、ヨーロッパ発のカジュアル・ウェア・ライン〈Carhartt WIP〉をスタートさせる。

Carharttブランドは更なる進化を遂げ、ファッション・ブランドとしてもワールドワイドにその名が知られていくようになる。

そして、クラブミュージック、アート、スケートボードなど、様々なサブカルチャーを積極的にサポートしていく。Carhartt WIPは歴史と伝統あるワーク・ウェアをルーツとし、アーバン・ライフスタイルにフィットする革新的ブランドとして世界中で親しまれている。

 

Carhartt WIPの人気アイテムはこちら♪

カーハートウィップコーチジャケット

Carhartt WIPコーチジャケット毎年大人気アイテムです♪

 

カーハートはワークテイストなのでカジュアルスタイルにバッチリコーディネートできますよ♪

 

Carhartt WIPの他のアイテムはこちら♪

Carhartt WIP

 

Championチャンピオン

Champion(チャンピオン)ロゴ

 

ブランドのはじまり1919年、サイモン・フェインブルームがニッカーポッカー・ニッティング・カンパニーを設立。

チャンピオンについて

「チャンピオン(Champion)」はアメリカのスポーツウェアブランド。

1919年、サイモン・フェインブルームがチャンピオンの前身となるニッカーポッカー・ニッティング・カンパニーをニューヨーク州ロチェスターに設立する。

サイモンの死後、二人の息子エイブとウィリアムの兄弟がチャンピオン・ニッティング・ミルズ社として事業を継続する。Tシャツや防寒着を販売。

1924年、ミシガン大学にチャンピオンのスウェットが採用される。このスウェットが評判となりチャンピオンの名が知れ渡る。

1934年、スウェットは洗うと縮んでしまうのが欠点だったが、コットンを横向きに織ることで防ぐ「リバースウィーブ」を開発。これは1938年に特許を取得する。

1939年、アメリカ海軍にTシャツを納入。

1940年、襟元のガゼットが登場する。

1950年、大学名をプリントしたスウェットが人気となる。ラグランスリーブもこの頃に登場。

1967年、「チャンピオン・ニットウェア・カンパニー」から「チャンピオン・プロダクツ社」に変更。

1970年、女性用ラインが登場。

1975年、ゴールドウインが日本でチャンピオンの販売を開始する。

1984年、スウェット、Tシャツの左袖に“C”のロゴマークがつくようになる。

「リバースウィーブ」が特許を取得した1938年から50年後の1988年、50周年記念モデルのスウェット発売。

1989年、Tシャツやアンダーウェアで有名なブランド「へインズ(Hanes)」を持つサラ・リー社(現・ヘインズブランズ社)の傘下に入る。

2005年、ドレスキャンプとのコラボレーションで「CHAMPION designed by DRESSCAMP」を発表。チャンピオンのスポーツテイストと機能性、ドレスキャンプのモードデザインがうまく融合したこのシリーズは人気商品となる。

 

チャンピオン(Champion)の人気アイテムはこちら♪

Champion(チャンピオン)スウェット

チャンピオン(Champion)のリバースウィーブスウェット

大定番であり、大人気アイテムです♪

 

チャンピオンのスウェットはベーシックアイテムなので1枚は持っときたいですね♡

 

チャンピオン(Champion)のその他人気アイテムはこちら♪

チャンピオン(Champion)

チャムス(CHUMS)

CHUM(チャムス)

 

 CHUMS HISTORY since 1983

1983年、チャムスはひとりのリバーガイドによって生まれました。
彼の名前はマイク・タゲット。
彼はアメリカ コロラドリバーのリバーガイドをしていました。
根っからの自然を愛するアウトドア愛好家でしたが、そんな彼をいつも悩ませていたのは、コロラドリバーの激流により彼の愛用するサングラスが何度も水の中へ落ち、紛失してしまうことでした。
そこで彼はサングラスを無くさない、落とさない方法は無いものかと考え、そして生まれたものが紐でサングラスを頭に固定するメガネストラップ、『チャムス オリジナルリテーナー』です。

それからというもの、アイウエア(メガネ等)のストラップから始まり、数々の商品が開発され、楽しさ、高品質、シンプルをコンセプトに商品開発を進め、カジュアルテイストなアメリカンアウトドアブランドとして認知されるようになりました。
お馴染みのハリケーントップを中心に、バッグ、帽子、小物も加わり、今も尚発展し続けています。

CHUMS Booby Bird

ブービーバードは主にエクアドルから南メキシコの海岸線、日本では小笠原諸島に生息する『かつお鳥』です。
けしてペンギンではありませんので間違えないで下さい。
ブービーバードは、南米の漁師たちの間では、bobo(ボーボー)鳥と呼ばれています。
その理由は、とてもフレンドリーで警戒心が全くなく人懐っこいからです。
boboは英語では“booby”。
お馴染みのビリから二番目のブービー賞のブービーと同じ単語です。
チャムスは、ブービーバードのように、フレンドリーで多くのお客様から愛着を持って愛されるようなブランドを目指しています。

GREEN GREEN CHUMS♪

「GREEN GREEN CHUMS♪」とは、アースデイ2010に向けて掲げられたスローガンです。
規模的に小さなことでも、一つ一つカタチにしていく前向きな姿勢を持つこと自体が大事というコンセプトにもとづき、楽しくてワクワクするようなエコロジー活動ができればという思いから命名されました。
現在の活動内容としましては、チャムス 表参道店でショップバッグを完全有料化し、購入後も長く愛用してもらえるような高品質のエコバッグを低価格で提供しています。
またCAJ(コンサベーション アライアンス ジャパン)への参加なども行っております。
2010年よりチャムスにできるエコなこととして、近年注目されているグリーン電力の使用に取り組み、バイオマス発電によって得られた電力でチャムスの一部製品を生産しています。
アパレルメーカーとして、製品自体をグリーン電力で作るという試みは業界内でも珍しい取り組みであり、今後のグリーン電力普及に対して新しい提案であると考えています。
同時に一般消費者に向けてグリーン電力に対する認知の拡大に繋がればと、今後は更に商品への使用を増やしていく予定です。

更に、2010年4月17日、18日に東京の代々木公園で開催されたアースデイ2010では、アースデイ限定のTシャツを販売して、その利益の一部をコンサベーション アライアンスジャパンを通して環境保護に役立てて参ります。
我々にできることが少しずつ広がっていくために何が必要なのか。
チャムスはこれからも、我々らしいエコを考え、取り組んでいきます。

チャムス(CHUMS)の人気アイテムはこちら♪

CHUMS(チャムス)ハリケーントップ

チャムス(CHUMS)の大定番ハリケーントップチャムスと言えばのアイテムですね♪

チャムスはブービーバードのロゴが可愛いので女の子にも人気ですよね♪

その他のアイテムはこちら

チャムス(CHUMS)

 

 

Johnbull

Johnbull(ジョンブル)

CONCEPT
ブランドコンセプト

時代を超えて愛され続けるプロダクトへのリスペクト。
服それぞれが持つ意味、魅力、ルールを熟知すること。
そのうえでリアリティとクオリティを意識したモノづくりをベースにジーンズ・ワーク・ミリタリー・ドレスの新しい価値を表現します。
Johnbullオリジナルを中心に、国内外を問わずパートナーとなりうるアイテムもご紹介いたします。

 

Johnbullおすすめアイテムはこちら♪

 

Johnbull(ジョンブル)ユーズドデニムつなぎ

 

ジョンブルのツナギ、昔から1枚欲しいと思ってました!

Johnbull(ジョンブル)の他のアイテムはこちら→Johnbull(ジョンブル)

 

 

【ポイント10倍】ジョンブル Johnbull ジーンジャケット ユーズド(12504) デニムジャケット ジージャン デニム 長袖 メンズファッション アウター ライトアウター 送料無料 楽天 John bull

おすすめ最新人気メンズファッションブランド6選まとめ

以上、人気メンズファッションブランド6選をご紹介しました。

自分に合ったブランドはありましたか?

私的には、安定のブランド6選だと思います。

自分に合ったブランドを選んでみてください。

 







ザ・ノースフェイス THE NORTH FACE MOUNTAIN LIGHT JACKET マウンテンライトジャケット YELLOW イエロー メンズ 【新品】 NP11834
created by Rinker

マネキン買いができるメンズファッション通販ショップ
マネキン買いができる!【30代必見】定番メンズファッション通販ショップで全身コーデアパレルショップなどで洋服を買うときこんな経験ありませんか? ショップの販売員さんに話かけるのが苦手 全身コーディネート...
【初心者必見】20代メンズファッション着回しやすい定番アイテム!『初心者だからメンズファッションの着回しやすい定番アイテムが何か分からない。色々な服があってよく分からないから簡単に最低限のことを教えて...
DANTONダントンインナーダウンジャケット
【2019年版】元アパレルバイヤーの私がおすすめするメンズインナーダウン10選!今回は秋冬になると必ず必要になる、メンズのおすすめインナーダウンジャケット10選をご紹介します。 普通のダウンジャケットに比べると...

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村


人気ブログランキング