仕事の悩み解決

【20代~30代】転職するために円満退職するための意思の伝え方と方法!

転職するために、今勤めている会社を円満に退社したいのですが…会社の上司にどう話せば、どのように退職の意思を伝えればいいですか?』

という、お悩みにお答えします。

 

本記事は『【20代~30代】転職するために円満退職するための意思の伝え方!』について書いていきます。


リクナビNEXT

20代~30代の転職活動と円満退職について

20代~30代の転職活動と円満退職について

円満退職をすることは、転職先を無事決めることができた時に残っている最終関門であるともいえます。

 

元の会社を円満に退職できれば、大手を振って新しい会社へと身を投じることができるといえるでしょう。直属の上司に退職の意思を伝える時は、あまり忙しいタイミングにならないようにした方がいいです。

 

円満退職を目指すのであれば、できるだけ会社業務に差し障らないように注意をしてください。理解者になってもらうためにも、家族には転職の相談は早めにしておくことが大事ですよ。家族にも協力してもらえる環境を作っておきましょう。

 

退職することについては安易に口にしないことも円満退職のコツです。円満退職をするには、曖昧な情報が社内に流れることがないようにする必要があります。退職をすることが決定したら、具体的に何日まで出社するかは、上司と打ち合わせるようにします。

 

退職までにしなければならないことなども含めていい日を決めましょう。新たな会社に出社をする日をずらさないようにして、退職する日を決めることが大事です。

 

円満退職をするなら、しっかりと仕事は引き継いでおくことです。当人がいなくなってから評価が左右されることもあります。引き継ぎをきちんと終わらせることができれば、その人の価値は上がります。

 

退職日の3日前までには引き継ぎが終了するように計画を立て、資料も作成しましょう。現在の会社を円満に退職するためには、退職日当日まで社員であるという意識を持って丁寧に仕事を続けることが社会人としての義務だと私は思います。

転職するための円満退社するための考え方と伝え方

転職するための円満退社する考え方と方法

転職をする場合は、円満退職をすることもプランの一つとして考えるべきです。

お互い気持ちよくやめることが、勤め上げた会社に対する礼儀というものです。将来的に、かつての会社の人と接点ができる場合もあります。

 

退職届は仕事を辞める当日に出すものではありません。円満退職をするためには、2カ月ほど前に直属の上司へと退職したいという考えを伝えておくようにしましょう。

円満退職をするなら、同僚ではなく、まず直属の上司に対して退職を打診するという形式をとることが、社会人に求められる行動です。

社長や部長に話してしまうと直属の上司の管理能力が問われてしまう場合があります。決定事項という形にはしないで、相談をもちかける形で話しかけましょう。

 

退職の意向を受けた上司は、退職の段取りを決めるために、上の役職の人達と話をまとめてくれます。円満退職のためには、正式な退職の決定がされるでは、内々にも退職の話を社内の人に漏らさないようにすることが重要になってきます。

 

個人的な理由で退職をするという形をとると、円満退職がしやすくなります。たとえ、退職の理由が会社内で起きたことに関わっていたとしても、それを話しては円満退職になりません。引き止めの材料にされてしまうこともあるでしょう。

 

円満退職を望むのであればたとえどんな理由があろうとも不平不満を述べるのは極力避けましょう。円満退職をするためには、多少言いたいことがあったとしても、実家の都合や、自分の希望など、周りの人が納得できそうな事情でやめるといいでしょう。

 

転職するための円満退職をするための方法

転職するための円満退職をするための方法

転職先を決め、今勤めている会社を退社する時には、円満退職をしたいものですが、どんな予定で行動すると、円満退職が可能になるでしょう。

 

人一人退職することになると、企業側としては会社の機能が滞らないような手配が必要になりますので、1カ月前にはやめる話をする必要があります。退職までの予定は、できるだけ周りに迷惑がかからないようなものにする必要があるでしょう。

 

お金についての話も、退職が決まると同時に進める必要かあります。退職後にすぐ働くつもりでなければ、生活費の準備もいるでしょう。上司とは有給休暇の残り日数なども考慮し退職日を相談しましょう。

 

退職1か月前になったら業務の引き継ぎを行いましょう。

引き継ぎをしっかりすることが、円満退職をするためにはとても大事です。

後に仕事を引き継ぐ人がわかりやすいように資料作成をする場合もあります。

10日前になったら、あいさつ状を関係者に出します。

円満退職をするなら、取引先会社に後任者を連れてあいさつにいくことも重要です。会社から借りていた備品を返したり、パソコンのデータをわかりやすく整理することも大事です。

 

退職に当たって会社から渡される書類や、雇用保険被保険者証、年金手帳などもきちんと回収します。当日までにしっかりと担当業務を処理してやり残すようなことのないようにするのも円満退職のために大事なことです。

円満退職を目指すためにも、今まで勤めていた会社の人の手をできるだけ煩わせないようにすることが大事になります。

あなたにおすすめ記事はこちら

【仕事悩み解決】転職エージェント使った事ありますか?おすすめ比較5選!2020最新版
【仕事悩み解決】転職エージェント使った事ありますか?おすすめ比較7選!2020最新版 『今の職場に不満があって、転職考えてるんですが…求人転職サイトって沢山あってどれを使えばいいんですか?おすすめの求人転職サイトを...
退職代行サービス
【退職代行サービス】って知ってますか?今すぐ会社を辞めたい方必見!2020最新版どうも!あずにゃん(@kazuya19770529)です。 最近、Twitterで『仕事辞めた人』や『転職したい人』のこのようなツ...

 

 

 

 

 

にほんブログ村 転職キャリアブログ 転職・転職活動へ
にほんブログ村


就職・アルバイトランキング

メンズファッションランキング
メンズファッションランキング